カシモWiMAXが圏外になるのはどんな場所?安いと繋がりにくい?

カシモWiMAXが圏外!そんな時はどうすれば良い?

 

最新の端末が2年契約でき、しかも料金が安いと評判のカシモWiMAX
月額料金は驚きの1,380円〜利用することができます。

 

 

そんなカシモWiMAX、これだけ安いと通信品質がちょっと心配になりますよね。
実際によく使用する場所が圏外だったら…?
と思うと契約も躊躇してしまいます。

 

 

ただしカシモWiMAXは安くても、通信エリアや繋がりやすさは変わりません。
どのプロバイダであっても同じUQコミュニケーションズが提供する同じ電波を使うからです。
カシモWiMAXはUQコミュニケーションズから回線を借りているMVNOという業者になります。

 

 

「他のWiMAXプロバイダなら圏外じゃなかった!」
ということは無いのです。
安くても他の高額なWiMAXプロバイダと同等の品質で使うことができます。

 

詳細を確認できる公式サイトはこちら↓

業界最安級!月額1,380円〜ギガ放題が利用できるカシモWiMAX

 

 

今回はカシモWiMAXで圏外になりやすい場所やなった時の対処法を解説します。
読んでおくことで契約前にWiMAXの使用感をイメージでき、失敗の無い契約ができますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

 

カシモWiMAXはこんな場所で圏外になりやすい?

 

WiMAXは端末の液晶画面で電波の受信状況を確認することができます。
ちょうどスマホのアンテナと同じような表示です。
電波の受信状況が悪いとアンテナが0本〜×のマークが付きます。
そうすると圏外というわけですね。

 

WiMAXの電波はエリア内であっても共通して繋がりにくい場所があります。
このような場所では圏外になりやすいです。具体的には

  • 窓から遠い建物の内部
  • 地下
  • トンネル内部
  • ビルなど陰になる建物がある場合
  • 山間地域

となっています。

 

WiMAXは端末の置き場所によって電波状況が変わりやすいので、エリア内でも置き場所が悪かったりすると圏外になってしまうこともあります。

 

 

圏外になった時の対処法!

 

カシモWiMAXでもし端末が圏外になってしまったらどんな対処法があるのでしょうか?
一番簡単でお金がかからない方法は、端末の置き場所を変えることです。

 

先ほども説明した通り、WiMAXは端末の置き場所で電波の受信状況が変わりやすいです。
「部屋の内部では圏外だったのに、少し窓に近づけたら繋がった!」
なんてことも結構あります。

 

ですので端末の液晶に表示されるアンテナを頼りにしながら圏外にならない場所を探してみましょう。
基本的には外に近ければ近い場所ほど電波を受信しやすいです。

 

 

有料のau4GLTE回線なら圏外にならない?!

もう一つ圏外を解決する方法としてオプション接続の「au4GLTE回線」に接続することです。
au4GLTE回線とはハイスピードプラスエリアモードと呼ばれるWiMAX回線よりも繋がりやすく、エリアが広い、スマホでも使われている通信回線です。
イメージとしてはスマホが使える場所なら接続できます。

 

端末の操作で簡単に切り替えができますが、一度でも使用すると月に1,005円のオプション料金がかかります。
また月の使用量は7GBまでと決まっているので、あくまでWiMAX回線が繋がらない場合の緊急措置として使うと良いでしょう。

 

 

 

どうしても圏外になってしまう時は初期解約制度がある!

 

もし万が一エリア内にも関わらず、圏外になってしまう…
実際にはほとんどないでしょうが、周辺状況によって圏外になってしまう場所があるのも事実です。

 

そんな時は初期解約制度があることを覚えておきましょう。
端末の発送から8日以内で申請することで、違約金無しで解約ができます。

 

申請の方法は解約方法と同じく、
カシモWiMAXのカスタマーセンターへ問い合わせをしましょう。

 

初期解約制度の問い合わせ先

カシモ WiMAX2 サポートセンター
03-6693-0480

 

まず端末が届いたら問題無く使えるかどうかを至急確認するようにしましょうね。

 

 

 

【まとめ】「契約したら圏外」を防ぐために必ず事前にエリア確認!

 

カシモWiMAXで圏外になってしまった時の対処法を説明しました。
しかしエリア自体が圏外だと端末を動かしても接続させることができません。
事前によく使う場所が電波の届く対応エリア内か必ず確認するようにしましょう。

 

エリアの確認はカシモWiMAXの公式サイトからできます。