カシモWIMAXのデメリットとは?【安いと不安?繋がらない?】

カシモWiMAXのデメリットはコレ!ちゃんと繋がる?

 

2017年10月に受付を開始したカシモWiMAX
他社プロバイダより大幅に安い月額料金で注目されています。

 

WiMAXといえば「後から現金キャッシュバック」をPRするプロバイダが多かったですが、
カシモWiMAXは「元々の月額料金が安い」という特徴があります。

 

 


 

 

そんなカシモWiMAX…安いということでデメリットはあるのでしょうか?
安いと繋がりにくかったり、通信速度が遅かったりというデメリットがあるか心配です。。
今回はそんなカシモWiMAXのデメリットについて解説します。

 

結論として

安くても「繋がりにくい、通信速度が遅い」などのデメリットは無し!

他社と比較すると選べる機種が少ない

となっています。

 

詳細を確認できる公式サイトはこちら↓

業界最安級!月額1,380円〜ギガ放題が利用できるカシモWiMAX

 

 

WiMAXはどのプロバイダも同じ回線を利用する!

まず不安なデメリットとして他のプロバイダより機能面が劣らないかです。
通信速度は遅くないか、繋がるエリアは狭くないかなどが挙げられます。

 

この点に関しては心配はいりません。
なぜならWiMAXは
どのプロバイダであってもUQコミュニケーションズが提供する回線を使用するためです。

 

通信速度は使用するルーター端末によりますが、
下り最大440MbpsのWiMAX2の最大速度まで対応しています。

 

通信可能エリアは公式サイトで確認できます。
契約前にお住まいの地域がWiMAXに対応しているか調べておきましょう。

 

 

カシモWiMAXのデメリットは選べる機種が少ないこと

 

カシモWiMAXが他社プロバイダと比較したデメリットは
選べるルーター端末の種類が少ないことです。

 

また端末が新古品というのも気になる人もいるかもしれません。
新古品はほぼ新品と同様なので、ここでは特に端末の種類について詳しく解説します。

 

カシモWiMAXの契約時に選べるルーター端末は以下の3種類となっています。

 

Speed Wi-Fi NEXTW04

 

 

Speed Wi-Fi HOMEL01

 

 

Triprouter

 

 

例えば
Speed Wi-Fi NEXT WX03 やそれ以降の古い機種は選択できません。

 

しかしこの点は特にこだわりがなければ問題はありません。
WiMAXは基本的に最新機種の方が通信速度が速く、性能が良いのが特徴です。

 

現行の最新機種が選択できれば、使用には特に支障はありません。
これより古い機種は下り最大の440Mbpsに対応していないなど性能が劣ります。

 

 

カシモWiMAXの機種の使い分けはどうすればいい…?

 

自宅以外でも使えるWiMAX、迷ったらコレ!

Speed Wi-Fi NEXT W04
軽くて持ち運びしやすいスティックタイプです。
自宅でも外でも使える一番スタンダートにWiMAXを楽しめます。

 

 

 

ホームルーターとして使うならコレ!

Speed Wi-Fi HOME L01
自宅やオフィスでの据え置き型として使えるタイプです。
コンセントにつなげて使うため携帯用に向きませんが、
接続できる台数が多く、設置場所の様々な機器を接続させることができます。

 

 

 

プラスアルファの機能を求めるならコレ!

Triprouter
WiMAXを利用した無線ルーターの他、
USBに接続して端末と接続したり、モバイルバッテリーとして機能もあります。

 

 

このように3種類あれば使用の用途に応じて選べます。
選べる機種が少なくてもほとんど問題はありません。

 

 

 

カシモWiMAXのデメリットは少ない…のに料金はお得!

 

デメリットとして選べる機種が少ないことを挙げましたが、ほとんど使用には支障がありません。
それでいてカシモWiMAXは料金がお得なのが特徴です。

 

月額料金を抑えてWiMAXを使用したい!

そんな場合はカシモWiMAXを選ぶと良いです。

 

詳細を確認できる公式サイトはこちら↓↓

業界最安級!月額1,380円〜ギガ放題が利用できるカシモWiMAX

 

関連リンク
カシモWiMAXは安い!新規申し込みにおすすめの理由は?